鍵盤打楽器のミス、2つの原因

何度も練習したのに当たらなくなる。
音が当たるかどうかギャンブル・・・
命中率が上がらない・・・


音ミス、回数と気合で何とかしようとしていませんか?

私も学生時代にとても悩んだ末、
出来るまで一心不乱に叩き続けるという選択をしました。
(いわゆる思考停止というやつ)

そのとおり!
回数と気合で何とかしようとしていました。
(で、結局本番ではミス多発する)


さて。

正確に当たっている原因があれば、
音が外れるのにも原因があります。

大きく分ければ、
・頭(耳)が追い付いていない
・コントロール不足

この2つに尽きると思います。
原因はどちらか一つに当てはまるのではなく
速さや状況によって変わったり、原因の割合が変わったりすると思います。

ひとまず、どの原因なのか考えるだけでも解決の近道になるはず。

原因を明らかにする

解決方法が具体的になる

叩きまくるより少ない時間と労力で解決できる!

1.頭(耳)の処理が追い付いていない

脳内先生が穏やかに質問してくるイメージで書きます。

楽譜見ながら弾いてるなら、
・先読みできてる?
・効果的な書き込みしてる?
(ミス起こさない楽譜になってる?)

ほぼ手元を見て弾いてる状態なら、
・何調?何の和音?(←メロディであっても重要)
・手順は最適?
・手で弾ける?
・足でテンポとりながら弾ける?
・歌えてる?(速いと難しいけど…
・自分の音聴いてる?
・がっつり遅いテンポでも弾ける?


いくら身体に覚えこませたとしても、
どれかがフワッとしているとミスが起こります。


私の場合、
かなり先のことを考えていたり全く別のことを考えていたり…
で、ミスすることが多かったようです。

今現在、「ミスしたらどうしよう」と考えた時は100%ミスしてます。

今弾いてる音を心の中でとにかく歌う!
これをやったら本番でも落ち着いて弾けるようになりました。

具体的な練習方法はコチラで! ↓

鍵盤打楽器に連符があらわれた!~譜読みとテンポアップ法 吹奏楽・パーカッションQ&A第2回「スケール練習とかマジ゙無理。」

2.コントロール不足

弾く音分かってるし、当たるハズなのに当たらないアレ。

コントロール不足には「準備」もキーワード。

管楽器や弦楽器よりも打楽器は簡単に音が出せてしまう分、気を付けなければ。

焦っていると、次の準備が速すぎて前の音がおろそかになる。
準備が間に合っていないと、当たるものも当たらない。

これって「その部分だけやると出来る」現象にも関連してそう・・・。
「準備」を意識的にやる。

必要以上に動かない

音を外したくないときはマレットを比較的低い位置からおろす。
必要以上に高く上げていないか確認する。
なるべく鍵盤の近くで準備して弾く。
(これは音色に影響が出るので場合によりけりですが・・・。) 

無駄な動きを無くす、のほうが応用しやすいかも。


私の場合、一音一音を
「点」ではなく
「面積」のイメージに変えたら
弾きやすく、飛躍的に当たりやすくなりました!

コントロール不足に効果的なのがこれ ↓

効率よくなるマイナス練習のお話〜+のための-!

目の使い方が重要!

特に跳躍するときに効果を発揮します!
目的の鍵盤をしっかり見てから、弾く!

視界に入れる程度ではなく
「目で、つかむ!!!!」

そのためには楽器に覆いかぶさらないように、視界を広くしておきます。
身体が開いている状態だと音も響かせやすくなります。

「鍵盤を掴む感覚」が私には効果的でした。
(むしろ鍵盤を直接手でさわって距離感を確かめることもあります)

作戦会議をしよう♪

誰と?
もちろん自分と!!

身体を痛めつけないで、どうか仲良くいい関係を築いてください。

自分の足や手、目、肩、ひじ、ひざ、首・・・
手だけで弾くのではなく、身体各所のチームプレーで演奏は成り立ちます。

回数と気合まかせにせず、
身体各所とよく話し合って
自分に合った良い方法を見つけることが大切ですね。

(ここまで入念に考えなくても、自然にできてしまうのが「天才」「才能」というものなのかもしれません・・・。)


人間は37兆個の細胞からできているそうです。
自分って一人だけど、小さな細胞たちが協力して生活できているのですね。 

って、また壮大な話になってしまいました。笑

今日はお風呂につかって深呼吸して、身体を労わってあげよっと♪


それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です