メトロノームを使い分ける!?

こんにちは!吉岡えっぱです。

音楽を始めたら必ずお世話になる「メトロノーム」

・振り子のもの(機械式メトロノーム)
・電池で動くもの(電子式メトロノーム)

今回はこの2種類のメトロノームについて書きます。

電メトのほうが安くて正確でコンパクトで便利っしょwww

いえいえ、どっちにも良さがあります!
ぜひ両方使ってほしいです。

吉岡の独断と偏見と好みを交えつつ、
メリット・デメリットを考えてみたいと思います!

機械式メトロノーム

以下「機械メト」

メリット
・視覚的に拍をとらえやすい
・打点と打点の「間」をつかみやすい
・振り子の動き!重力!自然!
・ネジを巻き直せばずっと使える
デメリット
・水平なところでないと使えない
・狂いやすい。壊れやすい。
・ネジを巻き直すのが面倒
・音量調節できない

電子式メトロノーム

以下 「電メト」

メリット
・どこでも使える!
・機械メトに比べて丈夫!狂わない!
・音量を調節できる!(イヤホンに繋げる)
・三連譜、十六分音符など細かい音価で鳴らせる
・機種によっては変拍子にも対応できる
デメリット
・電池が無くなると詰む
・打点と打点の「間」がとらえにくい

今までレッスンしてきた中で、
電メトやハモディレのメトロノーム機能しか使っていない生徒も、
ほとんど機械メトだけ使っている生徒もみてきました。

 
ざっっっっっっくり言うと

電メト多めだと「リズムきっちりしてるけど、わりと機械的」
機械メト派だと「わりとリズミカルだけど、おおざっぱ」

なことが多かったです。(個人の感想です。) 

使い分けよう!

おススメしたいのが、
「練習の目的によって使い分ける!」


パートで一緒に基礎練習するとき。
タイミングだけではない、

パートとしての一体感を育てたい!

そこで機械メト!
同じ釜の飯を食うように、同じメトロノームで。

周りの音を聴いたり、目でメトロノームの針を追ったりしてアンサンブルしてみてください。

機械メトも物理的に音を出していますから、自分たちの音とぴったり合わさった時は快感ですよ…!

リズミカルにしたい、拍感を出したい…

テンポにあった音のスピード、きっと見つかります。
ぜひ機械メトを使って振り子の動き、速度などを観察してみてください。

(腕や身体全体で真似してみるのもいいかも。変な人になるけど。)

リズムを細かくチェックしたい!

電メトの出番!
三連符や十六分音符など細かく鳴らしてリズムをとってみます。

甘くなりがちな付点リズムの練習にも!

電メトにはこんな使い方も!

 ・電メトを小さな音で鳴らして耳に当てたり、ランプの点灯を見て、音が出せないスキマ時間にリズム練習

・三連符と仲良くなるために、電メトを使って様々なテンポで三連符を鳴らし、自分は四分音符を叩く

使えば使うほど…

きっと新たな発見があります。

ただ繰り返す練習は本当に意味ないですしつまらないです。
つまらないということは何も身につきません。

ぜひ工夫して飽きず効果的な使い方を見つけてみてください!


自分がメトロノームになるのではなく、

「自分の中のメトロノーム」をじっくり育てていきましょう! 


それでは、また~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です