打楽器×部活×ガムラン=!? 吉岡理菜の随想録

裏拍が身近になる話【誰でもすぐたたける!】

「裏打ちが苦手です!むしろ嫌いです!」

よく耳にします。

裏拍…仲良くなったらホント楽しいのよ…。

みんなを悩ませる「裏打ち」

パーカッションをやるからには避けて通れないリズム、裏打ち。(裏拍)
一生懸命たたいていてもズレてしまう、いつのまにか表打ちになってしまう…

私も相当悩まされました…。

「自分、パーカッション向いてないのかな…」

と思ったあなたに朗報!

「表打ちができている、ということは裏打ちもできている」んです!

今回は裏拍と仲良くなる作戦!

具体的には裏拍の感覚を掴む方法を紹介していきます。バチがなくてもスグ試せます。

だまされた!

と思って是非一度お試しあれ!

裏打ちのしくみ

まず手で机を軽くたたいてみてください。

「1」で机に手を置き、

「と」で机から離します

(叩くスピードと同じスピードで)

手の上に反対の手を構えて、手の甲で音が出せるようにしてみてください。

速く叩いても、手の甲がちゃんと裏打ちになっています!

自分の影のように、裏拍はとても身近な存在。むしろ裏拍は表拍と切っても切れない関係!

コインの裏表のようなものです。

表拍を叩いている時は必ず裏拍も存在していて、
裏拍を叩いている時は必ず表拍も存在しています!

これを意識するだけでも、ビート感のある生き生きとした演奏になると思います。

*手拍子バージョン*

手をつけておきます。

「1」で離す、

「と」で たたく。

1 と、2 と、…

本来の叩く動作としては打面から手を離したいところなのですが…

ひとまず裏拍の「感覚」はこれで掴めると思います!

素敵な裏打ちのコツ

「裏打ちが重い!遅い!」

「もっと軽く!鋭く」

など、言われたことありませんか?

拍で着地するのではなく、拍でジャンプする(地面から足を離す)感覚に切り替えると軽快になります。

マーチなどの裏打ちは「頑張ってたたく」と重たく聴こえてしまいます。

今度は足踏みをしてみましょう。足を上げたときに左右のもも(太もも)が当たるように左右の手をかざしてください。

ななななななんと、足をあげたタイミングが裏拍になっています。マーチの裏打ちにはこの感覚がピッタリです!

(皆さんご存知、マーチ=行進曲)

シンプルに考えると、表打ちは重力による落下、裏打ちはその反動。
(予備運動でもあります)

だから、頑張っちゃいけない。
(曲によるけどね)

ドリブルを思い出してみて!

下に向かって床にトン!(表拍)
跳ね返って手に戻ってきた(裏拍)

光があって影ができるように、
表があってこその裏!

「表打ちの一環」として裏打ちをとらえてみてはいかがでしょうか。

歩く馬やハト、餅つきや手遊び、
ミシンや機械の動き、

身の回りにある運動を観察してみると、
裏拍が身近になって仲良くなれると思います。

マーチで表打ちをする人(バスドラムやシンバル)は裏打ちを意識しながらたたいてみてください。
裏打ちの人が叩きやすくなります!

まとめ

「表打ちにはすでに裏打ちが含まれている」

これに気づいた時、私は めちゃくちゃ嬉しくて、興奮して、打ち震え、しばらく踊り狂いました。

(ピアノやベッド、タンスがひしめく狭い自分の部屋で。ちなみに深夜。)

先駆者様がいるにせよ、いないにせよ自力で発見した事は必ず身につく上に、人に教えるときにも説得力があります。

なんとな~く練習していると、
上達は見えないし毎日つまらない。
人に教えるのもニガテになってしまう。

研究者になったつもりで、謎の真相究明に励んでください。

(研究者になったつもりって…ものすごくワクワクしない?
するよね?笑(((o(*゚▽゚*)o))))

裏打ちはワクワク、ウキウキするもの。
一人でも多くの人が裏拍を楽しめますように♪

それでは、また!

コメントを残す