打楽器×部活×ガムラン=!? 吉岡理菜の随想録

退屈しない基礎練習アイデア〜今磨くのはリズム?たたき方?

新年度レッスンでフレッシュな日々を過ごしております!
どうも吉岡です。


楽器を始めたころ。
楽器じゃなくても新しいことを始めたとき。

一度に色々考えるのは難しいですよね。
でも、分けて考えればちょっと楽になると思います。


今回は新入生にとって退屈になりがちな打楽器の基礎練習、
「たたき方」と「リズム感」をバシッと分けて時間を上手に使う方法を紹介します!

新入生・初心者への基礎メニューにぜひ役立ててもらいたいお話です。

そもそも基礎練って…

「基礎練習のための基礎練習」ではなく、「曲を素敵に演奏するための基礎練習」であることが大切です。

目的がはっきりしていないと効果は薄いし、面白くありません。


今回は「うまくなりたい!」を2つの要素に分けて考えてみたいと思います。

これはホントに一例で、超ざっくりです。


(似たような内容の記事、前にも書いていました。
曲でも「目的を小分け」にして練習するお話です。 ↓)

効率よくなるマイナス練習のお話〜+のための-!

たたき方を磨く

スティックの扱いに慣れる。
テクニック重視。

メトロノームを鳴らさずに一定の速さでたたいて、たたき方の確認をしたり。

先輩が後輩を見てあげるなら、リズムについて細かく指摘せずに

「ストロークが安定しているか」
「左右の音がそろっているか」
「うまく跳ね返っているか」
など動きに注目する。

自分の指や手首がどんな動きをしているのか、
上手くいったときはどんな感覚なのか。
スティックを扱うことに集中する時間にする。

リズム感を磨く

手拍子やボディパーカッション、足、声など簡単に音を出せる手段を使ってリズムを正確に、リズミカルにとる練習。

スティックを扱うことを考えず、リズムに集中する。
相手の動きや音、メトロノームの動きや音に集中する。

これなら休符が入ったリズムやメトロノームを裏で鳴らしてリズムを取る練習を早い段階で始められる!

(例)
・みーぎ、ひだり、とかステップを踏みながら裏拍で手拍子
・ステップをふみながらシェイカーを振る
・足を使えばドラムセットの練習にもなる!
・クロストークとか↓

手遊び感覚のペア基礎練習「crosstalk」 シンプルなリズムでノリよく!って、どういうこと!?

シンプルなリズム遊びが、
リズミカルに演奏する近道だったりします。

ぜひ仲間と取り組んで、一緒にリズム面のレベルを上げていきましょう!

目的がはっきりすれば「飽きない!?」

1年生は練習台 で 基礎練習、ちゃんとできるまでやっててね。

吉岡さん(中3)

ありがちな話ですが、これホント良くないと思います。

そもそも初心者にとって「ちゃんと」は どの程度なのか、「できてる」のは どんな状態なのか、判断が難しい。

よくわからんゴールに向かって迷走している状態ですね。
飽きる確率が跳ね上がります。

吉岡さん(中2)

伝統なのでやってます
〇分間キソ練を耐え抜いたワタシ、超えらい!

吉岡さん(中3)

みたいに
基礎練習が「免罪符」になるのもベストとは言えません。


そうならないためにも、
「30分ずっと練習台で基礎練」
と、ざっくりしたスケジュールにするより

「15分はスティックを使った基礎練習、
15分はスティックを置いて声や手拍子でリズム感を磨く」

など目的に応じたスケジュールを組んであげる。
そして目的と手段をセットで覚えておけば(教えておけば)、飽きることなく、効率よく時間を使えると思います。

いつもの基礎練でアンサンブル力を磨くアイデア3つ

まとめ

目的をしぼるのが基礎練習を楽しむコツ。

限られた時間のなかでも成果を出せる!
ということは達成感も味わえます!

単純に、できることが増えると面白くなってきます!
(ゲームと一緒!)


これ、音楽以外でも生かせるワザだと思います。
人生は打楽器なんですね。(雑)

…ここだけの話、書いておいてアレなんですが、上手にまとめられず涙目です。
またこの記事は修正していくと思います…(*_*)

それでは、また!


7月8日(水)18:00~18:40オンライン打楽器講座 第2回やります!
「曲の演奏に役立つ2本マレットの基礎練習~スピード・リズム・精度UP」
基礎練習ってどうやればいい?
リズム感UPするメトロノームの使いかたとは?
速く正確に弾ける人ってどうなってんの?etc.

お申し込みは開催2日前の7月6日ですのでお早めにどうぞ!
7月8日(水)オンライン音楽塾 打楽器講座 第2回「曲の演奏に役立つ2本マレットの基礎練習~スピード・リズム・精度UP」
オンライン音楽塾にて講師を務めます。【アーカイブ公開中】6月9日オンライン音楽塾「楽器を響かせる、とは?」
「打楽器のいい音、
いい響きが分からない 」
「楽器に問題があるのか
奏法に問題があるのか分からない 」
「今の自分に合った
効果的な練習方法を知りたい 」


このようなお悩みはありませんか?

悩んでいる・迷っている時こそ

ご相談ください。
真心こめてサポートいたします!