打楽器×部活×ガムラン=!? 吉岡理菜の随想録

マリンバ、エネルギーの行方が見える!?

こんばんは、吉岡えっぱです。

今回は・・・
あたりまえだけど、あたりまえじゃなかったー!

な、発見のお話。

地味な発見。
でも私にとっては印象的な出来事。


ある夏の終わり、
ピアノとマリンバでリハーサルしていた時のこと。

曲はG線上のアリア。

マリンバはメロディラインを担当、
私はほぼ全ての音をロールで弾いていました。

弾きおわったあと、ピアニストの方から
「ロールって、音の流れやエネルギーの行方が見えるからいいね!視覚的にとらえられるから面白い」

との お言葉が。

リハーサルを見学していた福祉・保育系の学生さんたちも大きくうなずいていました。


言われてみれば、息は目に見えない。

確かにどの楽器よりもロールするマリンバは視覚的に伝わりやすいのかも…!


自分としては当たり前になっていましたが、
「エネルギーの行方が見える」という言葉にハッとさせられました。

「打楽器は見ていても面白い、子供の興味を強く引くことが出来る」
というのは、

単純に 「動きが大きい、いろんな音がする」だけではなく、

こういった理由もあるのか…!?と推測してみたり。


他の楽器の方と共演すると
何気ない言葉にもハッとさせられることが多くて、とても刺激的です!


常に新しい目線、捉え方に出会い続けていきたい。

異なるもの、外からのものを受け入れなくなったり忘れてしまったら、それは面白くなくなると思う。

ちょっとしたことでも、ちゃんと拾って活かしていきたい。


と、いうことで別角度からの打楽器の魅力発見でした♪

コメントを残す