打楽器×部活×ガムラン=!? 吉岡理菜の随想録

音楽系フリーランス、どんなわらじ履く?何足履く?

ぽろっと呟いたつもりが予想外に反響があったので、ブログにしたためてみます。

「演奏一本で食ってます!」

それ凄い。
これこそ本当に一握りの人しかなれないし、きっと並々ならぬ努力をされてると思う。

「演奏以外にも色々やって食ってます!」

これだと「二流だ」とか「格下だ」とか
学生のころ…
特に歳上の人から言われてきましたが、
決して悪いことでもないし格下でもないです。

社会に出てから実感しています。

演奏以外に色々とやった結果、その道ひとすじの人とはまた違う魅力が必ず生まれてきます。

お前は何を履いているんだ…

いろんなわらじを履いている

私はバリバリ後者のほうで、
演奏、指導、作曲、編曲、浄書、パフォーマンス
…と、何足もわらじを履いて生活が成り立っています。

演奏で気づいたことをレッスン(指導)で活かせたり、
レッスン(指導)で気づいたことを作曲に活かせたり。

お互いにフィードバックさせていくと、発見やアイデアが尽きません。

どの仕事も面白いですし、続けていきたいです。

駆け出しは悪戦苦闘

楽器を専攻していた同期たちは大学卒業後、教職員になったり一般企業へ就職した人たちがほとんど。(賢明な判断です)

私は完全なる華麗なるフリーランスになりました。

しかし、卒業後から都合のいい仕事がじゃんじゃん来るハズも無く…
当時の私は来た仕事を

安かろうが、
苦手だろうが、
自信が無かろうが、
片っ端から引き受けていきました。
(演奏のみならず)

苦手な仕事も、挑戦したら経験値を稼げるんじゃないかと。

(大きな声では言えないけど、現在所属している踊るブラスバンドTHE RED CATSも苦手だった仕事のひとつ。もちろん今は超楽しい)


…でも、なかなか結果は出ない。
やりたいこともやれてるけど、忙しい上に生活は安定しない。
自分の能力が上がってるかどうか、実感もない。

悩みが気づきに変わった!

そんな日々の中、
仕事を掛け持ちすることは恥ずかしいことなんじゃないか…
自分の能力が低いからこうでもしないと生活出来ないんじゃないか… 

と日々悩んでいました。

悩んでいたことも含め、今となっては得たものが大きかったんじゃないかと感じています。

そうそう。よーく考えてみたら、そもそも尊敬する身近な方々がそういった働き方をしていて、とても魅力的だったのよね。


そんでもって、経験値稼いでるのにレベルなかなか上がらない問題。

これは「いつ満杯になるのか分からないバケツ」というお話がありまして、いつのまにか一杯になって溢れる…というヤツでした。

その仕事やってる最中に実感することは少ないですが、
別のシチュエーションで「あ!あの経験活かせるぞ!」ってなったり、
人から言われてレベル上がってることに気づいたりします。

焦らずに、でも貪欲にレベル上げを続けていきたいですね!


悩み弱みを活かす方法について書いた記事はこちら

「楽器始めたのが遅いコンプレックス」を持つあなたへ 人生RPG化のススメ 不器用は財産

その人にしか出せない味

マルチタレントって聞きますよね?

→俳優や声優、司会、歌手など色々なジャンルで活躍している芸能人のことwikipedia先生

素敵な方ばかりですよね。

なーんだ、
掛け持ちするって別に変わったことじゃないし、
恥ずかしいことでもないやーん!

なにか本業や軸があるとして何かに新しいことに挑戦してみると、
その道一筋の人とは違う角度で物事が見えてくると思います。

当たり前すぎて気づいていないこと。
それが大発明や大発見に繋がったり、新しい世界がひらけたり…。

誰一人として同じ経験、人生を歩んでくる人はいませんから、
上手く調合すれば宇宙でひとつの持ち味になる。

結果的にその人にしか頼めない仕事がくる。
自分自身を活かせる仕事がくる。

何それ、すこぶる生きてる感じじゃーん!!

(いい言葉、語彙力不足で思いつかないのであとで考えます。笑)

一軒一軒ちがう秘伝のタレ

と、いうことで
フリーランスを数年経験してきて思ったことを勢いで書き綴ってみました。

やみくもに挑戦するのは危険だけど、
可能な限り思い切って飛び込んでみると、そのぶん収穫は大きいです。

(どれだけ収穫できるかは自分次第ではありますが…)

一軒一軒ちがう秘伝のたれ。おいしそう。

年を取るごとに人間って「私の守備範囲はここまで、あとは管轄外」
と守りの姿勢になってしまいがちだけど、
(それはそれでスマートな生き方)

私は広がり続けたいです。
人生、面白う生きたいからね。

苦手・嫌いはいいとして、一番の敵は食わず嫌いだと思う今日この頃。


そういえば、わらじの話だったのに最終的にタレの話になってしまった…
結局食べ物…

それでは、また!

おいしいおいしい秘伝のタレ、一生かけて作るぞ!!!

コメントを残す