打楽器×部活×ガムラン=!? 吉岡理菜の随想録

【コロナ対策にも】QRコードを使って吹奏楽部の録音録画を共有!

こんにちは!中学校の部活動指導員3年目の吉岡です!

今回は「部活共有フォルダを作り、QRコードを使って音源や動画を生徒と共有」したらとても便利だったお話です。

特にコロナ対策で保護者が生徒の演奏を聴く機会が激減した今、本当に喜んでもらえました。もちろん、生徒からも好評です。

作り方や効果を書いていきます!

ナイスアイデア!

同じく中学校で部活動指導員をやっている友人からこの話を聞き、衝撃を受けました!(コロナ前からやっていたそうです)

録音・録画した自分たちの演奏を聴いて練習を進められたらいいのに…
もちろん生徒のスマホは持ち込み禁止だし…
と何となく日々思っていたところでした。

平成生まれのくせに、なんで今まで思いつかなかったんだ自分…!

コロナ対策にも役立つので早速、勤務先でも取り入れることにしました!

紹介してもらって感謝しかないです!

作り方

共有するフォルダを作る

DropboxやGoogleドライブなどで部活専用フォルダを作ります。

専用フォルダへのリンクをコピーする

専用フォルダへのリンクを手に入れます。
「リンクを取得」「共有」など

リンクからQRコードを作る

「QRコード作成」で検索すると、無料で作れるサイトがいくつも出てきます。

QRコードの画像をダウンロード

QRコードの画像を保存して、部員に渡すプリントを作ります。

裁断、配布

部員が各自スマートフォンで読み込み、共有フォルダにアップロードされた動画や録音にアクセスすることができます。

うちはA4の紙に3×8で作って、裁断して配りました。
Dropboxを使っているので、アプリを持っていなくても共有フォルダにアクセスできるように「ウェブ版の利用を継続を選択」と入れています。

録音や録画のアップロード

部活専用フォルダに録音や録画をアップロードしていきます。
日付や曲名などをタイトルにしておくと、見つけやすく使いやすいです。

MEMO
スマホが使えない場合は、CD-Rにして渡すなどして個別に対応しています

スマホで手軽に録音・録画

録音・録画は基本スマートフォンでやっています。
そのままアップロードも出来て便利です。

こちらのZOOM MSステレオマイクロフォン iQ7はiPhone・iPad用ですが、取り付けるだけで内蔵マイクよりも高音質で録音・録画することができるので普段から使っています。

打楽器が特にそうなのですが、部屋が狭くて音が割れてしまう…というときも録音レベルを手軽に操作できます。

注意点

これは副顧問の先生からアドバイスいただいたことなのですが…

落としたり無くしたりしないよう、QRコードの扱いに注意するよう、部員に必ず伝えるようにします。
また録音や動画も個人情報なので、SNSなどに勝手にアップしないこと。
そして本来の用途以外で使った場合は、以後このデータ共有は出来なくなるので全員で気をつけていこう、ということになりました。

効果

・学校の方針で保護者を呼べなかった「学内アンサンブルコンサート」を録画、保護者の方も見ることができた

・部員たちが客観的に自分たちの演奏を聴くことができた

・録画することによって、演奏のみならずステージマナーやステージ映えについて部員がチェックできるようになった

・以前は録音をCD-Rにするなどして部活の時間中に聴いていたが、各自が自宅で聴けることによって部活の時間は楽器の練習に専念できるようになった

まとめ

今のところ勤務校では学内のアンサンブルコンサートとアンサンブルコンテストに向けた通し練習の録音でしかまだ使っていませんが、今後は外部講師のパートレッスンや合奏の通し練習などを録音して活用していきたいと考えています。

それでは、また!

コメントを残す