部内ソロコンや発表会向け小規模マルチパーカッション・ソロの作品3曲

レッスンでの経験を活かし、学校でも準備しやすい楽器でできるソロ作品を作りました!
下記2か所より楽譜のダウンロード販売が始まりました!
(3作品とも短いので、単品¥1,000以下です!)

ミュージック オン ペーパー

クレジットカード、銀行振り込み可

初心者にも挑戦でき、かつ中級者には短期間で取り組めるマルチ・パーカッションのソロ曲です。基本的な手順で演奏できるように配慮してあります。また、セッティングは奏者の利き手に合わせて左右反転することで演奏しやすくなります。
使用楽器は少なく、シンプルな内容となっています。シンプルではありますが、リズミカルに、休符を生かした演奏を研究してみてください。発表会や部内のソロコンテストなどにいかがでしょうか。

使用楽器:Snare Drum, Floor Drum, Small Bass Drum, Cowbell (S.D.,F.D.,B.D.は3Tom-tomsでも可)

おもちゃを投げる、楽しそうに持ってくる…といった猫との遊びから着想を得て作りました。楽器の大きさや曲のイメージに合わせてコンガ・ボンゴのチューニングにもこだわってください。手やバチで叩く異なる音色、強弱が目まぐるしく変化するため、演奏者の個性が引き立つ曲かと思います。
リズム・内容ともにシンプルではありますが、一音一音の強弱、音色、重さなどを工夫して遠近感を描き出せると、より立体的な演奏になると思います。焦らず、音の余韻や「間(ま)」を楽しんでください。

使用楽器:Bongo, Congas, Cowbell

中級者向けのマルチ・パーカッションのソロ曲です。鳴り方の異なるボンゴとトムトムの音量・タッチなどバランスが揃うよう留意してください。強弱記号 ピアノ は「弱く」というよりも「静かな」音を目指すと良いでしょう。サスペンデッドシンバルはスティックのショルダーで叩く、チップで叩く、シンバルのカップ付近を叩く、エッジを叩く…など様々な選択肢があります。曲の場面によって、あるいは楽器の個性によって使い分けることをお勧めします。静かな場面と盛り上がる場面のメリハリを意識して演奏してください。

使用楽器:Suspended Cymbal, Bongo, 3Tom-toms, kick B.D. (ドラムセットで可)

Rina YOSHIOKA オンラインストア

https://yoshiokaeppa.stores.jp
(ばら売りのみ、コンビニ支払い・PayPal・楽天ペイ可)

マルチパーカッション・ソロに役立ちそうな記事一覧

打楽器アンサンブル、音色に変化をつけるには?まず4種類! 打楽器は「点?」休符の話 新入生、三連符に挑むの巻〜寄り道が近道!? ミュート=弱音とは限らない!~素晴らしき打楽器ミュートの世界 シンプルなリズムでノリよく!って、どういうこと!? 金属打楽器のリリースにも選択肢を〜音を止めるまでが音楽! 打楽器アンサンブル・セッティングのポイント3つ 打楽器、フォルテピアノ+クレッシェンドのコツ3つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です